様々な喘息の薬

薬

喘息を抱えている人は症状が出ていない時も、常に気道が炎症を起こしている状態で健康な人より気道が狭くなっています。そのため敏感になってる気道は、ほこりなどのわずかな刺激でも喘息の発作を起こしやすいです。さらに季節の変わり目の温度変化やストレスや風邪を引いたあとなども、発作を起こしやすいです。けれど昔に比べて喘息の薬が多く出ているため、治療薬や予防薬などで喘息の発作を抑えることができるようになってきています。喘息の薬には大きく分けて四種類あり、吸入薬と飲み薬と貼り薬と注射薬があります。発作が起こってしまった時は、直接炎症部分に届く吸入薬を使うことが多いです。喘息の薬を症状に合わせて使い分けることで、発作に苦しむことが少なくなります。

喘息の発作が起こらないようにするための予防薬があり、長期管理薬と呼ばれて処方されています。この長期管理薬とは喘息の発作が起きていない時に飲むことで、気道の炎症を抑えたり気管支を長期間拡げる役割があります。長期管理薬は喘息の発作が出ないために長期間飲みつづけないといけない喘息の薬であるため、薬を飲むのをやめた途端発作が起こることがあります。病気でこの薬が処方された場合は、医師の指示に従って毎日飲む必要があります。喘息の発作を抱えている人は、一生喘息の発作に付き合わなければいけない場合が多いです。喘息の発作が起こらなくなっても、何かの要因で起こることもあるので油断はできないです。喘息の症状や薬と上手に付き合って、生活をしていくことが大切です。