禁煙を実現する薬

頭を抱える男性

煙草には肺がんのリスクを高めるなど様々な健康被害があるとして、健康維持のために禁煙が推奨されるようになりましたが、禁煙治療が医療機関で始まった当初は健康保険が適用とならず、全額自己負担で治療を受けなければなりませんでした。 そのため、禁煙治療を医療機関で受ける人も多くはなく、喫煙が原因と考えられる肺がんなどの死亡率も減ることはありませんでした。 現在では禁煙治療に対しても一定の条件を満たせば保険適用となっています。 禁煙治療薬としては皮膚に貼るパッチタイプや飲み薬などがありますが、飲み薬の一つとして「チャンピックス」という薬がよく使われています。 チャンピックスはニコチンを含まない治療薬となっています。

チャンピックスは、基本的に12週間服用を続けて禁煙を目指して行くものです。 服用を開始しても最初の1週間は禁煙を始める準備期間として、これまでどおり煙草をすっても構わないとされていますが、その後は煙草を吸いたいという欲求を抑える成分と、万が一煙草を吸っても今までのようにおししいと感じなくなる成分が含まれています。 現在では煙草の値上げや健康ブームなどの影響で、禁煙を考える人も増加傾向にあり、禁煙外来の認知度もかなり上がってきています。 煙草は吸い続けるとニコチンへの依存度が高くなり、禁煙を阻む最大の要因は禁断症状と言われています。そのため、チャンピックスのように禁断症状を和らげる治療薬を使用して禁煙をする人は今後も増えることが予測されます。